SEO対策

リンクの貼り方(挿入/編集方法)と内部リンク・外部リンクについて

いつもIPAのお仕事にご協力いただきありがとうございます。

こちらの記事ではリンクの貼り方(挿入/編集方法)についてご説明します。

サイトへ直接投稿してくださっているライターさんにはリンクの種類についても覚えていただきたいので、最後までしっかり読んでください。

覚えておいていただきたいこと〜内部リンクと外部リンク〜

リンクの挿入方法について説明する前に覚えておいていただきたいのが、「内部リンク」「外部リンク」という言葉です。

内部リンクとは

内部リンクとは、文字通り自サイト内を行き交うリンクのことを指します。

画像で説明すると、このリンクです↓

こちらは漫画サイトで最新話の記事に前話の記事の内部リンクを貼っています。

よく「関連記事として〜〜に内部リンクを貼りましょう」というのは、ユーザー(読者)がサイト内を移動しやすいようにようにするためです。

また、クローラー(サイトや記事の順位を決定するGoogleなどのロボット検索型エンジン)も、内部リンクを辿ってサイト内を移動します。

クローラーは内部リンクで繋がれた記事同士の繋がりを判断しそのページやサイトの評価をするため、ユーザーのためになるような記事同士の繋がりができていれば良いということになります。

ちなみに、互いに貼ることを「相互リンクを貼る」といいます。

「相互リンクを貼りましょう」と言われたらお互いの記事にリンクを貼るという意味です。覚えておいてください。

「あわせて読みたい」を使って内部リンクを貼る場合

関連記事を「あわせて読みたい」記事として表示させたい場合は、リンクの挿入などはせずサイトにURLをコピペするだけでこのような表示になります。

ただリンクをコピペするだけです。

ただしこちらは「ページを新しいタブで開く」設定ができないので、クリックすると画面がその場で切り替わってしまいます。

そのため、あまり多用はせず記事の一番最後などで使うのがおすすめです。

外部リンクとは

外部リンクとは、自サイトと外部のサイトを繋ぐリンクのことです。

画像で説明すると、このリンクです↓

内部リンクと違って「外部リンクを貼りましょう」という言い方はしませんが、「U-NEXTのリンクを貼りましょう」と言われたら外部リンクを貼るという意味です。

・U-NEXTのリンク
・楽天のリンク
・Amazonのリンク
・ドラマの公式HPのリンク
・どこかの会社のHPのリンク

全て「外部リンク」となります。

内部リンクと外部リンクの貼り方には違いがある

内部リンクと外部リンクの意味を理解していただけたところで、この2つのリンクの貼り方(リンクの挿入方法)について説明します。

内部リンクの貼り方

まずはリンクを貼りたい箇所を選択します。

次に「リンクの挿入」マークをクリックすると、「URLをペーストするか入力して検索」という画面が出てくるので、ここに内部リンクを貼りたい記事のリンクを入れましょう。

このように、キーワードを入れてサイト内検索しても出てきます。

クリックするとこのようにリンクが入ります。

「適用」をクリックすると、文字にリンクが挿入され、リンクを挿入した部分が青くなります。ここで鉛筆マークをクリックしてください。

すると、もう一度↩のマークが出てくるので、次はその横の歯車ボタン(リンク設定)をクリックしてください。

するとこのような画面が開くので、「リンクを新しいタブで開く」のみにチェックを入れて「リンク追加」をクリックしてください。これで内部リンクの挿入は完了です。

外部リンクの貼り方

外部リンクの場合、リンク設定画面が内部リンクの貼り方と違います。

簡単に説明すると、外部リンクを挿入する場合はチェックを2箇所入れてください。

「Add rel=”nofollow” to link」について詳しく覚える必要はないのですが、「nofollow(ノーフォロー)」なので「このリンクを辿らない」という意味になります。

つまりこれは先程内部リンクのところで説明したクローラー(サイトや記事の順位を決定するGoogleなどのロボット検索型エンジン)に対する対策で、簡単に説明すると「この外部サイトとうちのサイトは関係ありません」という意味です。

クローラーに内部リンクなのか外部リンクなのか認識を明確にさせ、純粋に自サイトの評価をしてもらうための対策になります。

また、「リンク先が有料リンク(商品や宣伝ページ)の場合は必ずnofollowを入れるように」というGoogleの指示でもあるので、外部リンクを貼る場合はチェックの入れ忘れがないようお願いします。

※テンプレートの外部リンクは全てこちらでnofollowを入れています。ご自身で新たに追加する必要がある場合のみ、nofollowの追加をお願いします(特にファッション記事等)

内部リンクに間違って「nofollow」を入れてしまわないように注意しましょう。間違えてしまった場合は、「nofollow」のチェックを外してチェックが1つ(リンクを新しいタブで開く)の状態でもう一度「リンクを追加」をクリックすればOKです。

nofollowの確認の仕方

きちんと「nofollow」が入っているかは、テキスト画面で確認できます。

細かいですが、nofollowがあるかないかで全く意味が変わるので、意識しておいてください。

まとめ

少し難しい話だったかもしれませんが、内部リンク=今操作している自分のサイト内のリンク、外部リンク=それ以外の外部サイトのリンクという認識でOKです。

設定の際は、

・内部リンクを貼る場合→チェックが1つ
・外部リンクを貼る場合→チェックが2つ

と覚えておきましょう。

また、きちんと設定できているかどうかはテキスト画面から確認してください。(ビジュアル画面でチェックが入っていても、テキスト画面に入っていない場合はきちんと設定できていないということになります)

リンク設定に関しては添削の際にも確認しておりますが、なんとなくでも理解してご協力いただけると有り難いです。