解約記事

解約記事のマニュアル

いつもIPAのお仕事にご協力いただきありがとうございます。

こちらでは解約記事の書き方や、記事を書く目的について説明していきます。

 

解約記事とは?

「解約記事」とは、様々なサービスの解約方法をわかりやすく説明する記事のことです。

例えば今お使いの携帯電話を解約して他社に乗り換えたいと思ったとき、SoftBankユーザーであれば「SoftBank 解約方法」「ソフトバンク スマホ 解約」などと検索するかと思います。もっと言えば「ソフトバンク ドコモ 乗り換え」など他社の名前も合わせて検索するでしょう。

今回お願いする記事は「解約方法」について書くのがメインなので、このキーワードで検索してきた読者に「この記事を読めば解約方法が簡単にわかる」「この記事の説明の仕方はとてもわかりやすい」と満足していただくのが記事を書く目的です。

「解約」というキーワードだけでたくさんの例が挙げられます。まずはこんなことを書くんだな〜となんとなく理解していただければOKです。

[aside type=”yellow”]例)公共サービスの解約、携帯電話・スマホの解約、ケーブルテレビの解約、プロバイダの解約、動画配信サービスの解約、Amazonや楽天の解約、通販化粧品の解約、ジムやエステの解約、ポイントカードの解約、クレジットカードの解約、ゲームの解約、月額会員サービスの解約、通信教育の解約、塾の解約、保険の解約、店舗会員の解約、その他様々なWEBサービスの解約[/aside]

 

解約記事を読む人ってどんな人?

「解約方法」についての記事を読む読者は2パターンいます。

[aside type=”yellow”]・今すぐにそのサービスを解約したい方

・解約方法を確認した上でそのサービスを安心して利用したい方[/aside]

先ほど「この記事を読めば解約方法が簡単にわかる」「この記事の説明の仕方はとてもわかりやすい」と満足していただくことが記事を書く目的だと書きました。

まずはこのニーズを満たしてあげることが大前提ですので、読者が求めている答えをわかりやすく提示してあげましょう。

その上で「解約方法を確認した上で安心してそのサービスを利用したい」と思っている方に向けて、そのサービスの契約内容や改訳条件をわかりやすく説明してください。

 

解約記事の書き方の流れ

解約記事を書く流れを簡単に説明します。サンプル記事を参考にしながら見てください。

[kanren url=”http://kaiyakumeister.com/121.html”] [kanren url=”http://kaiyakumeister.com/142.html”] [topic color=”blue” title=”解約記事の流れ”]0.導入部分
1.解約方法の説明
2.解約条件(契約内容)について
3.支払い金額の確認
4.まとめ[/topic]

※解約方法はほとんど商品の紹介ページに小さな文字で書いてあります。サイトの一番下に「特定商取引法に基づく表記」などと書いて説明してあるところがほとんどですので、それをわかりやすい文章にしてください。

稀に特定商取引法に基づく表記がないサイトもあるかもしれません。検索すればある程度はネットに情報が出てくるかと思いますが、書くのが難しいと判断した場合は記事作成に取り掛かる前にご相談ください。

商品によって見出しは自由に付けていただいて構いません。どうすれば読者にわかりやすく伝わるか?を意識しながら書いてください。

 

0.導入部分

導入部分では、「そのサービスの解約方法がわからない」「購入する前に解約方法を確認しておきたいけれど、ちゃんと解約できるか不安」という方に共感するような書き方で書いてください。

[topic color=”blue” title=”入り口部分はこれを意識して書くと良い!”]①問題提起:ユーザーが抱えている悩みや問題を出して共感します。
解決策:この記事を読むと最終的にどうなるのかを書きます。
解決策の根拠:どうして②のような結果を得ることができるのか根拠を書きます。[/topic]

どんなジャンルの記事でも、この書き出しがきちんとできていれば読者は読み進めてくれます。逆に書き出し部分が適当だとそこで読者が離れてしまう可能性もあるので、意識して書いてみてくださいね。

解約記事の場合はサンプル記事と内容が似てしまうと思いますが、コピペでない限り問題ありません。

 

1.解約方法の説明

解約方法の説明は、シンプルに書きましょう。

電話やメールで解決する場合は、長々と説明を入れるよりも先に「ここに電話するだけです」と明確にしてください。

だいたいはそのサービスの紹介ページに「解約について」と書いてありますが、このようにわかりにくいものがほとんどです。これだと読む気がしませんよね。

読む気がしない文章を読む気にさせるのが記事作成の目的だと思ってください。

その際、このままの文章をコピぺすることはしないでくださいね。あくまでもご自身の言葉で書くようにしましょう。

 

2.解約条件(契約内容)について

その商品やサービスを利用する場合、解約するのに条件があるかどうかを説明してください。

だいたいはこのように商品のお得なポイントを推した画像が目に入るので、細かく書かれた解約条件まで目を通さないまま契約してしまう方もいらっしゃいます。

通販商品の場合、購入回数に縛りがあるものも多いので、その説明をきちんとした上で契約内容をまとめてください。

安心して商品の購入やサービスを利用していただくために、こちらの細かい文章を噛み砕いて説明してくださいね。

こちらもコピペせず、ご自身の言葉でわかりやすく書いてください。

 

3.支払い金額の確認

支払い総額についてもこのように小さな文字で説明してあります。最終的にかかる金額はいくらなのかを明確にしてください。

こちらの金額部分はコピぺでOKです。商品が他のサイトで購入できる場合や比較できるサービスがある場合は、ここで触れてください。

 

4.まとめ

まとめ部分では、解約方法や契約の際に注意するべきポイントをもう一度まとめてください。箇条書きで構いません。

 

解約記事を書くポイント

記事を書くポイントをまとめます。

[aside type=”yellow”]※解約記事を読む読者は「今すぐにそのサービスを解約したい方」と「解約方法を確認した上でそのサービスを安心して利用したい方」の2パターンいる
※解約方法は簡潔にわかりやすく書く
※読む気がしない小さな文字で書いてある契約内容や解約条件を読む気になるような文章に書き換える
※読者に共感しながら不安を取り除いてあげる
※記事作成のゴールは「解約方法が簡単にわかること」「最後まで記事を読んだ読者が安心してその商品を購入したりサービスを利用したりできるようになること」[/aside]

商品やサービス内容によって記事の書き方が変わるため、迷う事もあるかと思います。

その際は遠慮なくご相談くださいね。